ストレスチェックシステムについて知りたい

ストレスチェック制度とは?

ストレスチェック制度とは2015年から改正労働安全衛生法で義務化されたもので、従業員50人以上の事業所で従業員のストレス状態を所轄の労働基準監督署に年1回報告する制度です。この制度に沿って従業員のストレスを判定するシステムがいろいろなメーカーから出されています。

ストレスチェックはどのように行うか

ストレスチェックシステムを導入するにあたって考えなければならないのは社内でどのように受検する仕組みを作るかという事、検査した後の判定を誰が行うかという事、実際のストレス対応や分析をどうするかという事です。多くのストレスチェックシステムは紙やPC、スマホなどを使ってストレスチェックを行うものです。webで行うものは手軽で便利ですが、セキュリティの厳しい会社の場合は紙の方が取り組みやすい場合もあります。

検査の実施や結果はどうするのか

検査の実施や検査後の判定、結果への対応も様々なサポートが用意されています。検査実施や判定に必要な医師の手配、受検者個人への結果通知やアドバイス、高ストレス者や面接希望者への対応、労働基準監督署への報告書の作成、集団分析レポートなど、自社で手配するよりもシステムを導入してしまった方が手間がかからず、費用が安く済む面もあります。コストの問題もありますが、運用するにあたって起こりうるであろうさまざな問題への対処をどの程度サポートするのかという観点で見ていくと良いでしょう。また、個人情報を扱うのでセキュリティがしっかりしている事も大切です。

WEB上で行うストレスチェックシステムは、いつでもどこでもすぐに受けられることが魅力です。紙ベースと比べるとより手軽でより早く、正確な結果を得ることが出来ます。