これだけは抑えておきたい!新入社員研修で教えるべきこと

新入社員研修では理念を教えること

新入社員に研修で教えることは多くありますが、絶対に外してはいけないのが会社の経営理念です。これが共有されなければ優秀な人材は定着しません、どれほど優れた社員であっても、会社の理念に外れた行動を取られると不利益につながることもあります。また社員自身も何を拠り所として働けば良いのかが分からなくなり、やがて会社を去ることになります。そのために、新入社員の時に会社の理念をしっかりと伝えることが必要です。

研修で理念を伝えることの効能とは

理念とは、物事を考えたり行動する上で必要になる指針です。例えば二つの選択肢があるとして、どちらを選べば良いのかはどちらが理念に近いかによって判断します。たとえそれが一時的に会社の損失につながるとしても、必ず優先させるべきこととなります。例えるなら法律のようなものであり、新入社員が以降の物事の選択の基準となるように、しっかりと教えることが大切です。そしてこのような理念を共有することで、会社全体としての収益は大きく向上することになります。というのも、理念という共通した思考回路があることで、異なる部署同士の連携が取れるようになるからです。これが理念無くして判断するとなれば、それぞれの部署の利益を優先するようになります。下手をすれば部署同士の対立にもつながり、効率性とは程遠い業務内容となってしまいます。

新入社員に理念が必要な理由

新入社員がこのような理念を学ぶ理由は、自分が何のために働くのかを理解できるようになるからです。何も教えなければ、人は自分の利益を優先します。けれどもそれでは、社会の中では孤立することになってしまいます。それを避けるために研修で理念を伝えることが必要というわけです。

社員研修を体系的に導入することで、それぞれの従業員の経験年数に応じて、必要なスキルを習得させることが可能です。