初めてのホームページ制作!?利用者の使い勝手を考える事が大切

ホームページは利用する人の事を考えて制作

ホームページは情報を発信するための道具の一つです。

より多くのユーザーに使って貰うためには、集客力を持たせるためのSEO対策が必要です。

しかし、SEO対策だけを行えば良いわけではありません。

ホームページに訪問してくれたユーザーが便利に利用出来る工夫を考えなければなりません。

例えば、写真を多く掲載するページを作りたい場合、画質が良いものを掲載したいと考えるケースは多いと言えましょう。

しかし、画質が良い画像ファイルは容量が大きくなるのでページの読み取り時間も長くなります。

最近のパソコンの処理速度が向上していると言っても、ネット環境は様々で、大きな容量の画像を1つのページに多数掲載してしまうと、ページの読み取り時間が長くなり、訪問者にストレスを与えてしまうので注意が必要です。

HTML文書は正しく記述しましょう

ホームページを作る時にはHTMLやCSSなどの記述言語を覚えておく必要があります。

分からない時には、記述の仕方を説明している情報サイトを利用する、書籍を利用するなどして基本を学ぶ事が大切です。

尚、SEO対策は検索順位を上位表示にさせるための対策で、ホームページには欠かせない存在になっています。

SEO対策はホームページ内の内部対策と外部対策が必要になりますが、内部対策の基本の一つとして、正しいHTMLを記述する事が挙げられます。

色々な対策をしたけれど、HTMLが正しく記述されていないので検索順位が上がらないなどが起きないようにするためにも基本を学んでおきましょう。

小中学生や保護者向けに、わかりやすい構成にするのが、学習塾がホームページ制作を依頼する場合の基本です。