iPhoneの修理が必要な様々なケースを把握しよう

iPhoneの水没復旧のポイント

iPhoneは、非常にデリケートな精密機器であり、特に水に弱いことで知られています。そのため、iPhoneを水没させてしまった場合には、速やかに液晶画面や内部のパーツの保護をする必要があります。一般的に、水没後にしっかりと乾燥させた場合であっても、iPhoneのカメラやビデオなどの機能が使えなくなったり、音が出なくなったりすることがあります。そこで、購入先の携帯ショップに問い合わせたり、専門の業者に対応を任せることが大切です。また、水没の際に損傷を受けたパーツの種類によっては、iPhoneを買い替えなければならないケースも多々あります。そのため、iPhoneの購入時に保険に加入したり、保護ケースを利用したりすることがおすすめです。

iPhoneのスピーカー交換修理のポイント

iPhoneの本体に衝撃が加わったり、使用年数が長くなったりすることで、スピーカーの機能が損なわれることがあり、場合によっては交換修理が必要となることもあります。例えば、スピーカーの音は出るものの、ノイズが気になる場合に関しては、いくつかのパーツを交換するだけで元通りの機能を取り戻せることがあります。一方、iPhoneの内部まで破損している場合には、スピーカーの周辺のパーツをすべて取り換えなければならないこともあり、費用や時間が掛かる傾向があります。そこで、こうしたトラブルを避けるために、購入先の店舗において、定期的にiPhoneの機能に関して点検を行うことが有効です。

iPhone修理は、携帯ショップに持ち込んでも扱ってもらうことはできません。取り扱いのあるお店に持って行きましょう。